子育ては夫婦で行う時代

旦那さんは家庭を守るために働きに出て、奥さんは自宅で子育てと家事を行う時代はとうの昔に過ぎ去って、現在では旦那さんも奥さんも、 仕事や家事、子育てを行うのが主流になっています。 主夫という言葉が生まれたのもつい最近のことで、戦後からしばらく経つまではいわゆる亭主関白な家庭が一般的で、 女性の権利が尊重され、社会進出が果たされるのと同時に、この文化は衰退していくことになりました。

夫婦の家庭内における役割は性別によって左右されるべきではない、という考え方が一般化する一方で、 しかしながら、出産に伴う女性の負担が大きくなってきているという問題も発生しています。 産休や育休が取得できる企業も多いものの、仕事と家事、そして子育てと、全てを負担するのは辛いという奥さんも多く、 加えて旦那さんが家事や育児を放棄してしまったり、負担の割合が軽かったりすると、相対的に奥さんの負担割合が大きくなってしまうことになります。

しかしながら、子育ては苦痛なことばかりではありません。 我が子の成長はなんと言っても親としての喜びですし、子育てに泣きながらも、楽しいことがあることも事実です。 幸福は定義し難い言葉ですが、このように子供の成長を見守りながら、仕事に家事といった生活を送ることは幸福と言えるのではないでしょうか。 子育てにおける辛さと楽しさは、パートナーとの連携と深く関わっているものなので、辛いときにはお互いに助け合える関係を目指していきましょう。